© 2017 FiReP Rebar Japan株式会社 All Rights Reserved.

コンクリート補強用途

GFRP鉄筋 ”FiReP Rebar"

弊社製品FiReP RebarはGFRP性の鉄筋素材です。
コンクリート補強用途での利用で様々なメリットを得ることができます。
​ここでは代表的な3つのメリットをご紹介します。
​これらのメリットによりひび割れ防止、劣化防止、鉄筋コンクリートの長期利用を可能にします。
​製品ページ:FiReP Rebar
FiReP Rebar(ファイレップ リバー)

​塩害による錆がない

GFRPは樹脂とガラス繊維からなる複合材料です。

​どちらも錆びる素材ではないためコンクリートの劣化やクラック、

見た目を悪くする錆び汁といった心配はございません。

​塩害の心配ないため海岸沿いや雪が多い地域には最適です。​

​電食しない

GFRPは鉄にくらべてはるかに電気を通しにくいです。

また、電流が起こることによる腐食もありません。

このことから、精密電気機械をつかう空港や高い電圧を利用する

​鉄道の駅や線路周辺のコンクリートに使われています。​

​中性化しても問題ない

GFRPは耐薬品性に優れている製品です。

もともとは薬品などの容器にも使われているくらいです。

空気にさらされているコンクリートは中性化という問題を避けることが

できません。

鉄の鉄筋にとってコンクリート内の高アルカリ状態は酸化を防ぐために

必要不可欠です。

​しかし、GFRPであればコンクリートがアルカリ性を失っても何の問題もございません。